目頭切開をするとどうなるのか知ることで手術がスムーズに進みます

微笑む女の人

目頭切開とは何か

目頭切開に効果のある目は?

eye

私たち東洋人に多く見られる目頭のヒダを切り、隠れている白目の部分や目頭のピンクの部分の見える範囲を広くして、目を大きく見せる手術です。そのため、ヒダの少ない人や、ヒダが全くない人は目頭切開を行なっていも効果がありません。

目頭切開の効果

笑顔の女の人

目頭切開の効果を感じられる人は、目が離れている人、横方向に大きくしたいと考えている、平行型の二重になりたい、というひとが最適です。目頭切開をすると目と目の間の距離が近づくので、目が近寄って見え、目が大きく見えます。

目頭切開の施術の流れ

目頭切開をすると、目が大きくなるので理想の目元に近づくことができます。興味があるけど、手術は怖いという方は、下記の施術の流れを読んでみましょう。事前に流れを掴んでいるとスムーズに手術を行なうことができます。

施術の流れ

カウンセリング・デザイン

カウンセリングはしっかりと話をするようにしましょう。医師との信頼を築く大切な時間です。このときに自分の理想するイメージの写真を持って行くのも良いでしょう。こんな感じ、というように抽象的に伝えるのではなく、この箇所を何ミリ大きくしたいというように具体的に伝えるようにしましょう。

麻酔をする

目頭切開の手術は局部麻酔を行ないます。麻酔の注入時に痛みを感じやすいので、病院によっては極細の注射針をしようするなどの対策をしています。それでも痛みに不安があるという方は、全身麻酔の静脈麻酔で眠っている間に施術を完了させるという方法もあるので医師と相談するようにしましょう。

切開・縫合

デザインを元に切開をします。もちろん手術中は麻酔が効いているので痛みはほとんどありません。目頭切開は皮膚を切るので傷ができてしまいますが、髪の毛より細い糸を使って細かく縫合するので、極力目立たないように行ないます。抜糸は基本的に1週間後に行います。

手術は数ミリ程度の切開

手術と聞くとなんだか身構えてしまいますが、実際には手術にかかる時間は一時間程度です。手術後のアフターケアも充実している病院がほとんどなので、心配は必要ありません。下記の口コミでは実際に目頭切開手術をした人の口コミを集めてみたので参考にしてください。

目頭切開をした人の口コミ

タルみで小さくなった目を大きくしたい

40代後半に入り目元のたるみが出てきました。すると自然と目が小さく見えてしまいそれが嫌で目頭切開を決意しました。まずカウンセリングに行ってしっかりデザインを決めました。手術の後は少し腫れがありましたが、傷はほとんどなくて自然な感じでびっくりしました。術前と比べると目が大きくなって周囲からも「若くなったね」「きれいになったね」と褒められました。とても満足しています。

離れた目から理想の目元に

私は目と目の距離が開いているので顔のバランスがおかしく、人前に出るのも億劫になっていました。このままで人生終わりたくないと強く思い、目頭切開のカウンセリングを受けに行きました。手術はカナリ緊張していましたが、手術の後は楽しみで頭がいっぱいでした。離れていた目が近くなり、目も大きくなったのでやって本当に良かったです!毎日のメイクも楽しくなり洋服を選ぶのも楽しいです!

アイプチが面倒だったので・・・

毎日アイプチをして10年近くなります。目が腫れぼったくて目つきが悪く見えてしまうので、アイプチと化粧で隠していました。毎朝のアイプチが面倒くさくて、興味があった目頭切開をインターネットで調べてみた所、これだ!とおもってすぐに近場の病院に相談をしに行きました。手術は正直怖いですが、痛くはありません。医師や看護婦さんも優しく笑ってくれていて、術後は「こんなもんか」と思いました。もっと早くやってればよかったなと思いましたよ。

初めにカウンセリングを受けよう

いかがでしたか?手術をする前は緊張する人がほとんどですが、手術後は満足する人がほとんどです。まずはカウンセリングだけでも受けてみて手術をするかどうか決めるのも良いでしょう。複数の病院でカウンセリングを受けてみて、それぞれの対応方法を見極めると良い病院に出会える可能性が高くなります。

個人に合った手術法と手術後のケア

目頭切開の術法は?

人それぞれ目の形状や、なりたい理想の目のイメージが異なるので、患者に見あった最も最適な手術を選択するのが良いでしょう。どういった術法があるのか、事前にチェックをすると手術を行うまでがスムーズになります。

READ MORE

手術後の過ごし方

目頭切開の手術を受けて、どれぐらいで腫れは引くのか、メイクやシャワーはできるのか、仕事は行けるのかと考える方は多くいるでしょう。基本的なダウンタイム期間や注意点などを知ると、仕事を休む期間などの計画が立てやすくなります。

READ MORE
広告募集中