目頭切開の手術を行った後のアフターケア方法や正しい過ごし方

目元を触る人

ダウンタイムの過ごし方

woman

一週間のダウンタイムが基本

目頭切開の手術をした後でも、身体は元気なので外出できますが、目頭を糸で縫合しているので仕事に行くことは難しいです。軽い外出ならサングラスやメガネを上手く活用して傷をごまかすと良いでしょう。どの病院でも術後一週間後に抜糸をするのが基本となるので、仕事などは一週間休みをもらうと良いでしょう。

ダウンタイムの注意点

術後に腫れが強い場合は、市販の保冷材をハンカチに巻いてそっと患部に当てて冷やしましょう。痛みがある場合は、病院に連絡をするか処方された痛み止めを服用してください。また、ダウンタイム期間はなるべく目の周辺に触れないようにしましょう。

術後一週間で傷も目立たなくなる

術後直後は、赤みや傷が目立ちますが一週間程度でほとんど目立たなくなります。抜糸後にはアイメイク可能なのでメイクでごまかすこともできます。しかし濃いメイクは落とすときなどに目の負担になるので行なわないようにしましょう。

病院を選ぶときの注意点ランキング

女の人

こんな病院は避ける

目頭切開には複数の術法があります。それぞれメリットデメリットがありますが、特にデメリットが多い三日月法の目頭切開のみしか行なっていない病院は避けた方が無難です。この術法は術後に後戻りがしやすく傷が目立ちます。

相談

カウンセリングの時に

手術の前にカウンセリングを行いますが、その際にメリットしか話さない医師はおすすめしません。必ずどの術法にもデメリットがあるので、包み隠さず話す医師の方が信頼できます。また、見積費用と術後の費用が違うといったことにならないように、しっかりと確認をしましょう。

パソコン

ネットの情報を鵜呑みにしすぎない

今やインターネットがあればどんな情報でも調べることができます。しかし、病院のホームページや広告だけで医師のスキルやセンスを判断するのは難しいです。一番良い方法は、担当医師の症例写真などを見せてもらい、見極めるようにしましょう。

医師を見極めることが大切

指をさす女性

いかがでしたか?目頭切開の手術をするときは、患者自身がどこをどう切りたいというように、しっかりと話すことが重要です。また、患者の気持ちを汲み取ってくれ、優しくアドバイスできる医師は名医と言えます。本当の自分を手に入れるために病院や医師選びを大切にしましょう。